お産ってホントは気持ちいいんです(^^♪

> >

オキシトシンというホルモンって分娩のときに必要なんだけど

その作用であまり知られていない部分があります(*^^)

それは抗不安作用、信頼、鎮静、鎮痛作用♡

これは、さすったり、見つめるだけで出ます(^-^)

ということは
お産だけじゃなく
痴呆症の方など精神が不安定な人や信頼関係を取り戻したい親子など…
様々なところで活躍するホルモンなのよ。

スエーデンでは幼稚園で朝の会でお友達同士の背中をマッサージすることを始めたら
ケンカもなくなり、集中力もUPしたと聞いた。
多分、お友達にマッサージすることでオキシトシンが出たんだと思います…

もう一つは、、、
陣痛と陣痛の合間に
βエンドルフィンというものが出るんです。
これは麻薬の5倍から10倍の作用があるの…

そしていまの教育は
陣痛の痛みにフォーカスさせてしまっている
陣痛は痛いから、どう逃すかという説明
だから、痛いということが刷り込まれてカラダが無意識に強張る( >_<)
そして、お産が長引く…

βエンドルフィンのことを考えたら
陣痛の合間の休憩のこのことにフォーカスさせることをすれば、

最高に気持ちよいお産になるのになぁ…

と常々思うわけです(^-^;

 

そして、、、

カラダの中から出てくる物質(ホルモン)VS 左脳

 

これは

左脳が勝利してしまう…(;´・ω・)

 

ということは、必要なホルモンが分泌されなくなってしまうっていうことなんです(ノД`)・゜・。

だから、お産は痛くない気持ちよいものなんだという
刷り込みが必要な時代なのかもしれない。

By