天然のオキシトシンと人工オキシトシンは似て非なるもの

> >

アロマのキラリティの話をしたけど、それに関連することがオキシトシンにもあった。

分娩促進に使うオキシトシン。

これは合成オキシトシン。

自分自身から出るオキシトシンと分子構造は何ら変わらない。

でも、この両者
プロフィールが全く違う。

内因性のオキシトシン
つまり、自分自身から出るオキシトシンは律動的に出る。

外因性のオキシトシン
つまり、薬剤のオキシトシンは持続的に出る。

ということは

分子構造が同じでも
正常からは程遠い。

 

もう何が言いたいかお分かりでしょう‥

By