高齢出産 妊娠リスクの要因解明!?

> >

高齢出産の女性に

不妊や流産が増加する原因の1つに【コヒーシン】という
タンパク質の減少が関係している可能性が高いそうだ。

研究グループは細胞同士の染色体を繋ぎ止め、細胞分裂の過程で染色体を
正しく分配する役割を持つコヒーシンに着目。

19~49歳の女性の卵細胞を調べたところ20代に比べ40代のコヒーシンの
量が半減していることが分かった。

年齢が上がるとともにコヒーシンが減少すると染色体の分配が正常に
行われなくなりダウン症や流産の可能性が高くなるとみられる。

fwa81-246x200
加齢によるコヒーシンが減少する要因の早期解明に期待します。

藤田保健衛生大 倉橋浩樹教授 研究グループより

By