<アトピー性皮膚炎>保湿剤で乳児の発症率3割減少

> >

毎日新聞より

乳児に保湿剤を毎日、約8カ月間塗ることでアトピー性皮膚炎の発症率を3割減らせたと、

国立成育医療研究センターのチームが1日、発表した。

保湿剤に予防効果があることを示したのは世界で初めてという。

チームは2010年から約3年間、両親や兄弟にアトピー性皮膚炎の患者や経験者がいる

乳児118人を、(1)1日1回以上、入浴後などに保湿剤を全身に塗るグループ

(2)特別なスキンケアをしないグループ--に分類。生後1週間から約8カ月間継続し、

専門医が発症の有無を診断した。

その結果、保湿剤を塗ったグループの発症率は特別なスキンケアをしなかった場合に比べ、

32%減ることが分かった。乾燥などで皮膚の機能が低下するのを防いだためと考えられる。

また、アトピー性皮膚炎のある乳児は、食物アレルギーを持っていることが多い。

食べ物の成分(抗原)が機能の低下した皮膚から体内に侵入することが一因とされ、

今回も、発症した乳児は、未発症の乳児に比べて、卵アレルギーの可能性を示す抗体値が高くなっていた。

国内では未就学児の10~30%がアトピー性皮膚炎を患っているとされる。

同センターの大矢幸弘アレルギー科医長は「アトピー性皮膚炎には他の要因もあり、

保湿剤で完全に防げない。しかし、アトピー性皮膚炎の予防が、食物アレルギーの発症予防にも大事だ」と話す。

By