【雑草の秘めたパワー】

> >

 

      ❝セイタカアワダチソウの意外な効能❞
      兼井浩さんのFacebookよりシェアさせていただきます(^-^)
       セイタカアワダチソウって、知ってますか? 名前を知らない人でも、
       見ればすぐわかると思います。
       全国各地で最も大量に生えてると思われる雑草の一つで、人の背丈ほど
       伸びて黄色の花を咲かせてるアレです。
       元々は、米国からやってきた帰化植物で、なぜあれほどまでに繁殖する
       のかといえば、アレロパシー作用を持ってるそうで、
       このアレロパシー作用というのは、根とかの部分からある種の天然化学
       物質を出して他の植物の種子の発芽を抑制する効果のことで、
       セイタカアワダチソウの場合、他の植物だけに限らず自分自身の種子の
       発芽をも抑制してしまうらしく、そのため何年かすればそのあたりでは
       生えなく なってしまうようで、そういった効果を利用して最近では、
       雑草除去作業を軽減し、そのもの自身を緑肥として活用するといったこ
       となどにも注目されつつあるようです。
       よく畑などで連作障害が起こるのも、このアレロバシーによるものじゃ
       ないかとも言われています。
このセイタカアワダチソウ、あまりの旺盛な繁殖で、嫌われ者の雑草で
       あり、また巷では花粉症の原因とも疑ったりしてる人も少なくないよう
       ながら、この花粉症に関しては全くの濡れ衣・デタラメで、セイタカア
       ワダチソウの花粉は重いことや形状的にも風で飛ぶことはほとんど無く、
       昆虫たちによって運ばれる虫媒花とのことです!
       さて、そこら中至る所に繁茂しているこのセイタカアワダチソウに、
       意外な薬効があることをご存知の人も少ないんじゃないかと思うので
       紹介したいと思います。
       薬毒や公害を出す(体内から排泄するという意味)ほどの力があるそう
       で、毒ガスを吸ったとき、アトピーのかゆみ、長年のぜんそく、人工透
       析をしている腎臓病などの人、さめ肌(あるいは乾燥肌)など。
       浄血を助け、細胞に活力をつける。胃腸病。
       これ読むとすごいね!
        お茶にしたり、お風呂に入れたりして、薬効と同時に、
       ハーブとして楽しめる面も兼ね備えています。
       なお、このセイタカアワダチソウの英語名は、
        ゴールデン・ロッド(金色の鞭)
       だそうで、美称であり、実際アメリカではかなり人気のある花らしく、
       アラバマやケンタッキーなど複数の州で州花として指定されてる他、
       競馬ではゴールデンロッドステークスという重賞レースもあるほどで、
       日本で言えばさしずめ「菊」の花に相当するぐらいのもんか?
       採取時期は、花の咲くほんのちょっと前の蕾の時が一番いいようで、
       つぼみの中には酵素が多く含まれてて、その酵素が身体の中の毒を出
       す働きをしてくれるとのこと。
       ついでに書いておくと、虫刺されなんかに効く野草・雑草もいっぱい
       あるけど、とくにそういうのにこだわらなくても、青い草であれば
     (毒草とかでなければ)どんな葉っぱでも或る程度の効果あるそうです。
       山とか歩いてて蚊に刺されたりした時、そこらに生えてる雑草の葉を
       ちょっと揉んで擦り込めば一時しのぎになるわけやね♪
       っていうか、市販の虫刺され・かゆみ止めなんか塗っても、
       ス~ッとするだけで、かゆみ自体まるで収まることなく、
       単にごまかしてるだけに思うわけで、
       こういう自然の物を利用した方がはるかに有効で、
       しかも金もかからない、
       有害成分も無い、
       と一石二鳥も三鳥もになるかも?
       http://hanbey8.jugem.jp/?eid=200 より転載
         天ぷら初挑戦! セイタカアワダチソウも食ったった~♪
       ↓ ↓ ↓
       セイタカアワダチソウ茶 [クックパッド]
       ↓ ↓ ↓
       セイタカアワダチソウの食べ方
       ↓ ↓ ↓
image

By