ガムでアンチエイジング♪

> >

日本チューインガム協会が、卑弥呼のいた弥生時代の食事を復元し、噛む回数を現代食と比べる調査を行ったそうです。

すると、弥生時代に比べ、現代人の噛む回数は6分の1だったという結果に。

戦前の食事と比べても、半分以下に減っているそうです。この理由は、食事の欧米化が進み、

よく噛まなくても食べられる軟らかい食べ物が多くなったため。アゴは使わなければ当然退化します。

現代人の咀嚼機能の衰えは大きな問題。

 

でも、弥生時代の食生活に戻すのは難しい……。そこで活用したいのがガム!

【ガムの効果1 消化を助ける】

唾液は消化酵素のひとつ。消化を助けるので胃腸の働きを良くします。

唾液はよく噛むことで増えますが、あまり噛まなくてもいい食材がメインになり、時間がなくて早食いせざるを得ない現代人。

そこで、東洋医学の先生がオススメするのは食後のガム。

噛む回数は、白米41回に対し、ガムは550回(日本チューインガム協会調べ)。

これほどガムは噛む効果が高いのです。食後にガムを噛むと、唾液から消化酵素がたっぷりと。

食事の咀嚼では足りていなかった消化酵素を、食後のガムで補えるのです。

 

【ガムの効果2 認知症の予防】

よく噛むと、脳に行く血流量が増えるので、記憶力が高まります。

ガムを噛むことで脳への血流が20~40%増加したことが、すべての被験者に確認されました。

血流量が増えると脳機能が発達するので、認知症の予防になると考えられています。

 

【ガムの効果3 若返り】

唾液の中にはパロチンという唾液腺ホルモンが含まれています。

これは若返りホルモンといわれ、老化が顕著に見られる歯や毛髪、生殖器などの機能維持に効果があるといわれています。

また、婦人科のドクターがおっしゃるには、パロチンは女性ホルモンのエストロゲンを活性化させるとのこと。

エストロゲンはコラーゲンやエラスチンを増やす作用があるので、肌にハリをもたらします。

 

【ガムの効果4 噛みグセを治す】

「食事をしていると、どうしても右ばかり使って噛んでしまう」など、噛みグセがある方も多いと思います。

噛みグセがあると、使っている筋肉も不均等になり、左右の顔バランスが崩れがち。

歯科衛生士さん曰く、噛みグセを治すのにもガムは有効。

食事のときに噛みグセを治そうと、気をつけながら食べても美味しくないですよね。

1日1回でもガムを使い、いつもは噛まないほうの歯で噛んでみてください。

これで筋肉をリセット。ポイントは、口をなるべく大きく動かし、しっかり噛むことです。

【ガムの効果5 バストアップ】

ガムを噛んでいるときは、飲み込まないように舌を上手に動かしているのです。

ですから、舌を支えている首もとの筋肉を使うことに。たるみやすい首のエクササイズにもなりますね。

ガムを噛むとバストアップにもなる、とのこと。

噛むことで、首とつながっている大胸筋まで鍛えることになるからです♪

By